使用期限に注意

日焼け止め

肌に刺激を与えないように

紫外線は肌の大敵となり、そのまま日焼けしてしまえばシミができる原因になってしまいます。シミができてしまえば落とすのに時間が係り、人によってはそのシミをなくすために美容整形でプチ整形をすることもあるといいます。シミができないよう予防するためにも、外出するときには日焼け止めを肌につけることが必要です。その日焼け止めは、最近のものは肌にやさしいものが増えてきていますが、それでも敏感肌の人には合わない刺激が含まれていることもあるため、肌が弱い人はなるべく低刺激のものを選んで使用することです。せっかく紫外線から肌を守るはずが、刺激によって肌を悪くさせてしまっては肌を守る意味がありません。しっかり配合されている成分を確かめ、自分の肌に合うものを選んで使用することが大切です。そして日焼け止めの使用期限は大体1年といわれています。夏の季節に使い切れずにそのまま置いて、来年の夏の季節に残っていた日焼け止めをサイド使用する人もいますが、それは肌に良くありません。開封すれば雑菌が混入し、肌に悪影響を及ぼします。未開封の場合は3年持つといわれているので、次の年の季節に使用しても大丈夫な場合がありますが、開封されている日焼け止めは、その年の季節で使用するほうが肌を守ることができます。もし期限が過ぎている日焼け止めを肌に塗ってしまえば、肌トラブルを引き起こす原因につながり、赤みが出てくることもあればかゆみを発症する可能性もあるため気をつけなければなりません。

Copyright© 2018 日焼け止めの必要性【手軽に紫外線の害から肌を守れる】 All Rights Reserved.