紫外線をブロックしよう

ウーマン

毎日の使用が基本

メイクを塗っておけば日焼け止め効果が期待できるので日焼け止め専用アイテムは不要と考える方が多いですが、季節を問わずに使用するのが好ましいです。メイクのUVカット効果は決して高くはなく、紫外線量が多くなると日焼け・黒ずみを招いてしまいます。若いころは肌が丈夫なのでダメージが表面化しにくいですが、メラニン色素によるダメージは深部に留まっています。それが徐々に表面化してくるのが30代〜40代以降なので、若いころからUVカット対策はしっかり行なっておきましょう。日焼け止めは毎日使用するのが得策で、朝のスキンケア・メイクのあとの仕上げに塗ります。毎日塗るのは面倒かもしれませんが、スキンケアの一環だと考えると次第に慣れてくるはずです。化粧水や美容液で肌にうるおいを与えることは美容対策として重要ですが、それ以上に大切なのが紫外線のダメージを抑えることです。肌にとって紫外線は最大の大敵であり、UVケアを徹底しておけば将来の肌年齢は10歳は違ってくると言われています。日焼け止めを使用すれば紫外線のダメージを軽減し、肌の乾燥を予防することが可能です。乾燥した状態はあらゆる肌トラブルを引き寄せてしまい、ニキビや混合肌の原因にもなるので注意してください。日焼け止めを使用すると肌が荒れるという方は、洗顔時に完全に除去できていない可能性があります。クレンジングで毛穴の内部の汚れまで落として、それから仕上げとして洗顔料で洗いましょう。

Copyright© 2018 日焼け止めの必要性【手軽に紫外線の害から肌を守れる】 All Rights Reserved.