女性

紫外線から素肌をガード

日焼け止めには、効果の高い紫外線吸収剤が配合されている商品の他に、敏感肌でも安心して使えるノンケミカルタイプの商品もあります。テクスチャーも様々で、クリーム、乳液、ジェル、パウダーなどの選択肢の中から、好みや用途に合わせて選ぶことができます。

日焼け止め

使用期限に注意

紫外線から肌を守るために使用する日焼け止めには、使用期限があるといわれています。その使用期限後に肌につけてしまうと、肌トラブルを引きを起こす可能性が出てくるため、使用する場合はその年の季節内で使い切るのが良い方法となります。

レディ

顔用と体用

日焼け止めには顔につけるタイプの顔用と、ボディにつけるタイプの体用とあります。顔用は顔以外の肌につけても問題ありませんが、体用を顔につけることは肌トラブルを引きを越す原因となる可能性があるため、体用を顔につけることは肌に良くありません。

女の人

紫外線を上手にカット

美肌をキープするために欠かせない日焼け止めは、使用する場面に合った商品を選んで、十分な量をムラなく塗布することが大切です。敏感肌の人には、ノンケミカルタイプの日焼け止めや、紫外線吸収剤が直接肌に触れないタイプの日焼け止めが強い味方になってくれます。

ウーマン

紫外線をブロックしよう

最大の美肌対策は高級化粧水や美容液の使用ではなく、日焼け止めで紫外線をブロックすることにあります。紫外線のダメージは少しずつ蓄積されて将来の肌トラブルの原因となるので、若いうちから日焼け止めを使用して肌を守りましょう。

紫外線の害から肌を守る

化粧品

肌に合ったものを使おう

紫外線は肌に害を与えて老化を早めたり、皮膚がんなど病気の原因になったりします。紫外線の害から肌を守ることが必要ですが、そんなときに使うとよいのが日焼け止めです。日焼け止めを塗ることで手軽に紫外線の害から肌を守ることができます。日焼け止めとひとくちにいっても様々なものがあります。肌と相性が悪いものを選んでしまうとかえってダメージを与えてしまうことになりますので、肌に合っていて気持ちよく使えるものを選ぶということが大切です。日焼け止めを選ぶときには数値が気になりますが、数値が高ければよいというものでもありません。数値が高くなると肌への刺激が強くなるからです。また、汗で流れてしまったり、肌を触ることでとれてしまったりします。日焼け止めは肌の表面を覆っていないと効果を発揮してくれません。数値が高くて肌に刺激があるものを我慢して使うよりも、数値が低くても気持ちよく使えるものをこまめに塗り直すほうが効果的です。肌と相性が良くて適度な数値のものを使用しましょう。肌が敏感な方は日焼け止め探しも大変です。しかし、外からの刺激に弱くなっている敏感肌の方が紫外線に無防備でいると、影響が大きくなってしまいます。数値が低くてもよいので肌と相性のよい日焼け止めを探して利用しましょう。パウダーなども紫外線を反射して肌を守ってくれる日焼け止めの役割を果たしてくれます。液状の日焼け止めで相性のよいものが見つからないようなときには、パウダータイプを活用するというのも方法のひとつです。

Copyright© 2018 日焼け止めの必要性【手軽に紫外線の害から肌を守れる】 All Rights Reserved.